トイレで水漏れが起きやすい理由と解決するために必要なこととは

トイレで水漏れが起きやすい理由と解決するために必要なこととは トイレは毎日使う場所ですが、トラブルが起こる可能性はそれほど高くありません。そのため、いざ水が漏れたり流れなくなったときにはどうしたらよいかわからないことも多く、休日や夜中などの場合にはなおさら慌ててしまいます。万が一のとき落ち着いて対処できるよう、トラブルが発生しやすい場所や原因、対処法などについて理解しておきましょう。


■緊急性が非常に高いトイレ 水漏れ

水回りのトラブルは突然起こることが多いものです。キッチンや洗面所、お風呂なども使えなくなると生活に差し障りがありますが、代替手段がないわけではありません。これに対しトイレの場合は、他所で用を足すわけにも行かず、修理の緊急性が非常に高いのが特徴です。
トイレには常に大量の水が貯えられています。水漏れが発生すると他の場所に比べて被害が大きくなる傾向にあり、水道料金が上がってしまうのはもちろん、床材が腐食したり、家の基礎部分や階下に影響が及ぶ可能性も高いです。特に集合住宅の場合には、ご近所トラブルにつながりかねない危険をはらんでいます。見つけたらすぐ、適切に対処することが大切です。

■トイレ 水漏れは水回りトラブルでもっとも多い
水道修理業者への依頼件数を見ると、トイレ周りのトラブルが圧倒的多数を占めています。キッチンや洗面所、お風呂場などもトラブルが多く、使用頻度が高いほどトラブルが起きやすいことがわかります。
トイレ周りのトラブルでもっとも多いのは水漏れです。トイレと言えば便器やタンクが真っ先に思い浮かびますが、陶器でできている便器やタンクから水が漏れることはそれほど多くありません。水漏れが起きやすいのは構造と水を流す仕組みに理由があります。
タンクと便器がつながっているため、接続部分から水が漏れる可能性があるほか、床と便器の間から水が漏れることもあります。給水や排水のためのパイプや止水栓の接続部分なども水が漏れやすい場所です。配管や接続部分が多いことが、水漏れが起こりやすいひとつの原因だと考えられます。これに対し、つまりの原因となる場所は排水路や排水管に限られていることから、発生件数は少なめです。
さらに、タンクには水を流すと自動的に給水され、いつでも使えるよう常に一定量をためておく仕組みが備わっています。水を流したり水量を調節する部品は本体部分に比べ劣化しやすく、部品の経年劣化も水が漏れやすくなる原因です。部品の寿命は10年と言われているので、10年を経過したら水漏れの可能性があると考えておくのがよいでしょう。

■水漏れが起きたときの対処法

トイレ 水漏れを見つけたら、まず最初にこれ以上水が漏れないようにする必要があります。タンク付近にある止水栓を閉めて、水の流れをストップしましょう。止水栓の場所がわからなかったり、うまく閉められない場合には、水道の元栓を閉めるという方法もあります。ただし、元栓を閉めてしまうと、家中の水が使えなくなるので注意が必要です。
次に、どこから水が漏れているかを確認します。パイプの接続部が緩んでいないかどうか、便器やタンクなどにヒビが入っていないか、結露はないか、タンク内部の部品が正常に動いているかどうかなどを順番にチェックして行くのがポイントです。異常が見当たらない場合や自分で対処するのが難しいと感じたときは、水道修理業者に相談することをおすすめします。


■まとめ
トイレ 水漏れはいつ起こるかわかりません。お盆休みや年末年始などは、業者も休みだったり予約が立て込んでいたりして緊急対応が難しいことも多いです。水道業者の中には、年中無休で夜間対応を行っているところもあります。日頃から緊急対応可能な業者を調べておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース